« 【事例編】「集団的自衛権に反対」の声を地元自治体から出そう!~川崎市の場合 | トップページ | 本日(6/24)!⇒【ちょっと待った!公明党】解釈改憲の閣議決定に反対する 6・24 公明党議員緊急要請行動 (15時に参議院議員会館ロビーに集合)※参加できない人もファックスを! »

2014年5月25日 (日)

5/27まで!【賛同のお願い】 杉並区議会宛:集団的自衛権に関する憲法 解釈を変更することに反対する意見書に関する請願

高円寺在住のM田さんが、杉並区議会に「集団的自衛権に関する憲法解釈を変更することに反対する意見書を提出してほしい」という内容で請願をしたいと用意してくださいました。
 
みなさん!この請願に、ぜひご賛同をお願いします。下記のフォームにご記入ください。住所は番地省略でも結構です。締め切りは5月27日です。
 
※また選挙や直接請求署名とは違い、【請願の署名では区外在住、非成人、外国人の方でも有効です】
 
 
-----------------------------------------------
M田です。こんにちは。
先般、みなさまも安保法制懇の報告や安倍首相の会見をご覧になったと思いますが、集団的自衛権の是非の問題がにわかに現実的に差し迫ってきたなという思いです。
 
安保法制懇や安倍首相の言うところの恣意的な憲法認識や抑止力論、さらにはあまりに安易な解釈改憲が罷り通ってしまう政治の現状を見て、日本が戦後培ってきた平和主義を守りたい一市民の立場からも見過ごすわけにはいかないと強く感じます。
 
さてこの度 わたくしの個人的な考えで【集団的自衛権に関する憲法解釈を変更することに反対する意見書を請願】を杉並区議会に上程しようと考えております
 
ご協力の程、どうぞよろしくお願いします。
 
請 願:
集団的自衛権に関する憲法解釈を変更することに反対する意見書の提出について
 
請願の趣旨:
憲法の示す所の平和に関する国是と従来の政府の憲法解釈を堅持して、集団的自衛権の行使を認めないよう政府に対して意見書を提出してください。
 
請願の理由:
戦後の日本は憲法による平和主義と民主的な立憲主義に生まれ変わり、世界の中で平和を愛する国家として認められてきました。
国際環境が日々に変化するのはどの時代においても必然ですが、この最も基本的な国是に関して立憲主義に反してまで、従来は否定していた集団的自衛権に舵を切ることは国のみならず地域にとっても将来の大きなリスクとなり充分な国民的合意を得ているものでもありません。
 
このような認識のもと東京、神奈川などを含む全国各地の多くの基礎自治体においても政府への意見書を提出し、大和市、座間市などでは与野党が連携して反対意見を表明しております。
 
平和宣言都市である杉並区でもこの問題に関する議論を、区議会において充分に尽くしていただいた上で、地方自治法に則り国に対しての意見書を提出していただくよう請願致します。
 

« 【事例編】「集団的自衛権に反対」の声を地元自治体から出そう!~川崎市の場合 | トップページ | 本日(6/24)!⇒【ちょっと待った!公明党】解釈改憲の閣議決定に反対する 6・24 公明党議員緊急要請行動 (15時に参議院議員会館ロビーに集合)※参加できない人もファックスを! »

コメント

区議会なんかに請願しても効果あるの?

自衛隊は中国の空域に近づいて、中国ら不快感を示された。これは完全に軍隊の行動です。偵察です。いよいよ日本も危ない橋を渡り始めています。この安倍独裁を何とかしなければ。

日本の子供達の将来を思うと、賛成できません。今、世界が、世の中が変わっていく中で、日本も変わっていかなくてはいけないことも、理解しています。しかし、一つくらい、変わらない国があってもいいのではないでしょうか。私は、今、仕事で海外にて活動していますが、数え切れないほどの、親日家達と巡り合って来ました。日中、日韓の関係も悪化している今日、それでも日本人の良さを、いろんな国の人達がちゃんと分かってくれています。日本人でよかったと、誇りに思っています。第二次世界大戦で、私達の祖先は、そして今も、大きな代償を払い続けています。命に代えられるものはない。だから、人を助ける目的以外の自衛隊の活動変更は必要ないです。反対です。

集団的自衛権についての憲法解釈を変えようとしていることに反対します。私はあらゆる方法で反対の意思表示をしていきます。

区議会でも、村議会でも、町議会でも、反対の意見書を採決してもらったほうが良いでしょう。あらゆるところで声をあげましょう。

秘密保護法と集団的自衛権賛成派です。 お尋ねしますが、 憲法九条は【日本限定の】憲法であり、集団的自衛権は国に与えられた権利ではないのでしょうか? 仮に日本は侵略されない何て考えてる様ですが、仮に侵略された場合どう対処なさるのですか? 【九条が有るから… 】とかじゃ無く きちんとしたスタンスでお答え下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1981604/56305742

この記事へのトラックバック一覧です: 5/27まで!【賛同のお願い】 杉並区議会宛:集団的自衛権に関する憲法 解釈を変更することに反対する意見書に関する請願:

« 【事例編】「集団的自衛権に反対」の声を地元自治体から出そう!~川崎市の場合 | トップページ | 本日(6/24)!⇒【ちょっと待った!公明党】解釈改憲の閣議決定に反対する 6・24 公明党議員緊急要請行動 (15時に参議院議員会館ロビーに集合)※参加できない人もファックスを! »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ